HOME>特集>奈良の振袖専門店で思い出に残る振袖を選ぼう!

振袖の柄の意味を知る

婦人

振袖には様々な柄がありますよね。近年はモダンでキュートな振袖も人気となっていますが、それでもより根強い人気があるのは和柄の振袖です。振袖の柄には、実はそれぞれに意味があります。花柄ですと、人気の高い桜の花は、春の訪れで一気に花が咲く様子から豊かさを表し、牡丹の花は小さな蕾が大きな花になる様子から、豪華、幸福の意味を持つと言われています。また、伝統的な吉祥文様という柄は縁起が良い場で着用するのはふさわしい柄と言われています。振袖は、めでたい場で着用する晴れ着です。それぞれの人気の柄の意味や、着物によく使われる伝統的な柄の意味を知れば、より振袖を選ぶ際の参考にもなるのでは無いでしょうか。奈良の振袖専門店でも、そういったハレの日にふさわしい素敵な振袖をたくさん用意していますので、必ずご自分が気になる一着が見つかりますよ。

振袖、いつから借りればいい?

着たい柄は漠然と決まっていても、実際いつ振袖をレンタルすればいいのか分からない人も多いのでは無いでしょうか。しかし、近年はより早く振袖をレンタルする人が多くなっています。目安としては、成人式の一年前から選ぶといいです。早すぎるのでは?と思う方もいらっしゃるはずですが、実は振袖レンタルの予約を早く行なうメリットはいくつかあります。参考にして、人気の振袖をいち早くゲットしちゃいましょう!まず、早く選ぶ事により、たくさんの種類の振袖から選ぶ事が出来ます。振袖というのは、基本成約していた場合その振袖は予約出来ません。また、当日の着付けやヘアメイクの予約も希望の時間でより取りやすくなります。このように、早く予約することは、様々なメリットに繋がります。奈良の振袖専門店では、早期の予約割引や特典を行っている場合もありますので、ぜひ調べてみるといいでしょう。

広告募集中